[祇園ひじり日記(4月11日)-京都・祇園~白川通信-]
●南座と都をどり
写真は昨夜の「南座(京都四條南座)」と「都をどり」ちらし。
既に3分の1余の日程が経過しましたが、4月27日まで(1日3回公演)が続きます。
明治5年から続く祇園甲部の「都をどり」は、通常「祇園甲部歌舞練場」で開かれますが、耐震改修中ということと、3年間の耐震工事を終えて新開場した「南座」を記念して、今年はここで開かれています。なかなかの人気のようです。

福井文雄  記&Photo