[祇園ひじり日記(4月22日)-京都・祇園~白川通信-]
●祇園町南側・建仁寺
建仁寺は800余年前・鎌倉時代に栄西禅師の開山(山号・東山・とうざん)で、時代の盛衰あって、明治以降は北側半分が没収?され、今ではそこが祇園町南側として賑わっています。
この写真は先週土曜日(4月20日)夜にあった、臨済宗建仁寺塔頭・禅居庵(摩利支尊天堂)での「座禅会」の様子。
実は、数年前にラジオ番組のMCを1年間やってもらったキッサコの薬師寺寛邦さん(臨済宗妙心寺派寺院の副住職)が来られるというので、近いので挨拶がてら寄ってみたのでした。最近では「般若心経」歌バージョンでアジア的人気ですが、会ってみると相変わらず「喫茶去」雰囲気そのままでした。
建仁寺では、本山や塔頭で定期的な座禅会が行われています。一度、参加してみると面白いですよ~
薬師寺さんと若い時からの友人だという禅居庵の副住職・上松正宗さんもとても聡明な方。
2019年4月28日・日~5月6日・月には「100人の絵本展」を禅居庵でするそうで、「子供の頃に心に残っている絵本」「いま大切な人にとどけたい絵本」というテーマで、100人の方から寄せられた「思い出の絵本とメッセージ」の展示会をするそうです。有名な女優さんからも寄せられているそうで、興味津々!(カレー寺もいいけど、この企画もいいなー)
http://zenkyoan.jp/hajimarinoehon/

福井文雄 記&Photo