[祇園ひじり日記(5月11日)-京都・祇園~白川~岡崎・通信-]
●30年ぶり?長楽寺の秘仏「准胝観音像」特別公開
祇園・円山公園の奥、東本願寺・大谷祖廟の北門にある長楽寺さん。「新元号時に開帳」というから30年ぶりに、ご本尊・准胝観音像を特別公開されていたので、祇園石段下で昼食後、大谷祖廟の参道を辿りながら寄ってみた(元来、准胝観音は真言系の六観音で人間界を救う)。時宗の開祖・一遍上人立像(重文)も。
京都国立博物館では「時宗二祖上人七百年御遠忌記念、国宝・一遍聖絵と時宗の名宝展」をやっていて、この時期「時宗と一遍上人と祇園・時宗寺院群」を勉強したいと思っている。
一遍上人は実に興味深い。遊行上人(ゆぎょうしょうにん)とも言われ、一所不在の遊行生活を送った人。古代インドの人生論(ヒンズーの四住期)の最晩年は遊行期で人生を閉じる。

福井文雄 記&Photo